メタルフリー治療

金属アレルギーとは?

かぶれやかゆみなどの症状が出ことはありませんか?それが金属アレルギーかもしれません。
金属アレルギーとは、金属に触れることで、アレルギー症状を引き起こすことです。
ネックレスやピアスなどをはじめとするアクセサリー類を身につけることで上記の症状が発症しているケースがあります。

 

金属アレルギーのメカニズム

金属アレルギーのメカニズム金属アレルギーといえば、金属自体に問題がありそうですが、実はそうではありません。実はが唾液や汗などによってイオンとして溶け出すことによってアレルギー症状が引き起こされます。
金属イオンとして体の中に取り込まれた「アレルゲン」は血液や唾液の中に含まれるたんぱく質と結合します。上記のように結合した物質を人間は有害なものとして認知します。たとえば、スズメバチに1度 刺されると、2回目から過剰に反応してしまうのと同じように、金属イオンについても過剰反応を起こしてしまい、その結果炎症が起こってしまうのです。

 

免疫システムとアレルギー反応

免疫システムとアレルギー反応「免疫」とは人間にうまれつき備わっている防護反応のようなものですから、体外から取り込まれたものが有害なものと認知されてしまえば、過剰に反応し、それを排除しようとします。上記のように「免疫」が過剰に反応してしまうことが「金属アレルギー」の反応なのです。

 

歯科治療が金属アレルギーの原因に!?

さて、冒頭に「アクセサリー」などを身につけていることで金属アレルギーを発症すると書きましたが、果たしてそれだけでしょうか。実は近年問題視されているものとして、「歯科治療」で使用する金属がさかんにあげられています。

先ほどご説明したとおり、多くの場合、金属アレルギーはアクセサリーなどの金属が皮膚に接触することで発症します。しかし、原因はアクセサリーだけではありません。あまり知られていませんが、原因のひとつとして見逃せないのが「歯科治療で使われる金属」なのです。これまでの歯科医療の現場において、保険治療においては、「金銀パラジウム合金」というものが使用されています。この物質には、金、銀、パラジウム、銅、ニッケル、コバルトなど多くの金属が含まれているのですが、これからがイオン化して、体内をめぐりさまざまな問題を引き起こします。

 

歯科治療が金属アレルギーの原因に!?
原因はお口の中にあるかもしれません

原因はお口の中にあるかもしれません

金属アレルギーの怖いところは、ほとんど自覚することが難しいことです。たとえば花粉症などはすぐに問題を感じることができますが、金属アレルギーは蓄積されて、急に発症することが多いため、何が原因なのかがわからないという怖さがあります。もし体のどこかに異常を感じている場合は、金属アレルギーが発症している可能性もあるので、かぶせ物を選ぶ際にも注意が必要なのです。

 


診療科目

  • 一般歯科
  • 予防歯科
  • 小児歯科
  • 歯周病
  • 義歯
  • 矯正
  • ホワイトニング
  • 審美歯科
  • インプラント

トピックス&ニュース(新着情報)

2017/04/18
紅茶
2017/04/18
2017/04/12
ほっこり
2017/04/12
プール
2017/04/11
なつかしいいいい!